2019年7月より楽天スーパーポイントアッププログラムが最大16倍に!倍率を無理なく上げる策案を更新しました

      2019/10/01

The following two tabs change content below.

ゆるゆる

あくせくしない、疲れない、でも効率の良いポイントの貯め方を模索して数年。そのノウハウをコツコツまとめていく事にしました。 ご自身のライフスタイルに合うポイント稼ぎ術を見つけ出していただけたら幸いです。 wordpressの新エディターに悪戦苦闘しつつ、ゆるっと頑張って更新していきます♪

このキャンペーンは最新のものではありません。

下記の一番上に表示されるものが最新のものとなります。どうぞご参照下さい。

楽天スーパーポイントアッププログラムについての記事一覧

 

楽天のスーパーポイントアッププログラム(通称SPU)というものがあります。

SPUで指定された各サービスの条件達成内容によって、楽天市場でのお買い物ポイントアップ率が変わる

というものです。

これまでのSPUに関する記事

 

2019年7月より、その中身がまたまた変わりまして、すべて条件クリアすると最大16倍(通常ポイント+15倍)という構成になった様です。

再度頭に入れ直したうえで日々のお買い物にお役立て下さいね。

SPU最大16倍の構成

今回、SPUの中身は通常ポイント(100円で1ポイント)に加えてこの様になりました。

(2019年7月改定分)

楽天スーパーポイントアッププログラム(SPU)

SPUのポイント計算方法

新規追加

「楽天の保険」の保険料を楽天カードで支払いすると、次の月はSPU+1倍

ポイントでの支払いは対象外の様です。

「カード払いした次の月」という事ですので、年払い契約のものは支払いした翌月以外は対象となりませんので、ご注意を!

「楽天でんき」の利用で、その月はSPU+0.5倍

楽天でんきは基本料金0円との記載があったので、余り電気を使わず基本料金がネックになっている場合はお得かもしれません。

0.5倍のポイント計算方法については、こちらをご確認ください。

新規変更点(2019年7月改定分)

2019年7月1日(月)より、以下が変更となりました。

<変更前>

・楽天市場アプリより購入で、SPU+1倍

<変更後>

・楽天市場アプリより購入で、SPU+0.5倍

0.5倍のポイント計算方法については、こちらをご確認ください

アプリからの購入で+0.5倍しかポイントが付かなくなってしまいました。

ハピタス経由での購入でハピタスポイントを+1倍もらった方がお得と言えそうです。

プリペイドのクレジットカードにマネーとして1円分からポイント補充出来る点も魅力です。

無理なくポイント倍率を上げるには

とにかく無料がいい派

「楽天カード」利用で、その月はSPU+2倍

「楽天銀行」から「楽天カード」利用引き落としで、その月はSPU+1倍

無料ならばこの2つとなりそうです。

少しの出費でも元が取れる派

楽天ゴールドカードを楽天でのお買い物に使うと更に+2倍ポイントアップになります。

2019年7月現在、年会費が2160円かかる様です。

楽天ゴールドカード

単純に計算して

楽天カード利用でのSPU倍率と比べてみて年間2160ポイント(毎月 180ポイント)以上の差が出る方は元が回収出来ますのでお得になるかと思います。

楽天ゴールドカードでもらえるのは+2倍なので、

180÷2(=通常ポイント90ポイント分)×100(100円につき1ポイントなので)

という計算で毎月9000円以上楽天で買うかどうかが判断基準になりそうです。

「楽天カード」利用で、その月はSPU+2倍(楽天ゴールドカード利用でも条件クリア)

「楽天ゴールドカード」利用で、その月はSPU+2倍

「楽天銀行」から「楽天カード」利用引き落としで、その月はSPU+1倍

期間限定ポイントが余ってる派

「楽天モバイル」で通話SIM契約すると、+2倍ポイントアップになります。

(その他の契約は対象外)

楽天ゴールドカードよりは月々の料金は高いのですが・・・なんとポイント支払いが可能な様です。

しかも「期間限定ポイント」もOKらしいので、ポイントが余りがちな方は考えてみてもいいかもしれません。

楽天モバイル

「楽天カード」利用で、その月はSPU+2倍

「楽天モバイル 通話SIM契約」で、その月はSPU+2倍

「楽天銀行」から「楽天カード」利用引き落としで、その月はSPU+1倍

あとはニーズに合わせて

 

その他はニーズに合えば利用すると良いのではないかと思います。

「脳トレ」と思って、買い回り企画や他のキャンペーンをうまく併用させてポイントもらっていきましょう!